海洋散骨の基礎知識

散骨クルーズ 株式会社 清蓮

散骨クルーズのイメージ
区切り線・ブルー

事前に知っておきたい海洋葬の基礎知識

散骨はとても素敵な葬送の一つです。
しかしながら、墓の様に個々に眠る場所を持たないため、家族の中には不安や後ろめたさを感じてしまう方もいらっしゃいます。家族の皆が納得して散骨に臨むためにも、海洋散骨に関する様々な知識や情報を知り、後悔のなく実施して頂きたいと思います。

海洋散骨には「やり方」や「散骨する場所」に関する決まりはありませんが、ルールがあります。また周囲に配慮するマナーを守ることも大切です。確かに業者を利用しなくても出来ますが、利用する価値も十分にあります。
 
<散骨業者を利用する価値>
周囲を気にしながらコソコソと遺骨を撒くのではなく、堂々と家族皆で散骨することが出来ます。
周囲に迷惑がかからない場所、適切な場所、安全な場所に遺骨を撒くことが出来ます。
 
どの様なカタチで散骨し、海に還すかは家族の皆で「基礎知識」や「準備」を元に十分に検討し、実施に向けて進めて頂きたいと思います。

区切り線・ブルー

散骨に関わる法律

  • 散骨と今ある法律の関係性
  • 散骨をしても良い場所、適さない場所の決まり事
海洋散骨に関わる法律

役所への届出と許可

  • 散骨の「許可」と役所への「届出」
  • 遺骨に関わる役所への届け出と許可書
海洋散骨をする時の許可申請と届出

海洋散骨の基本的なルールとマナー

海洋散骨が無秩序な葬送にならないためにルールやマナーがあります。最低限守るべきことをご紹介します。
海洋散骨の守るべきルールとマナー

海洋散骨のメリットとデメリット

「散骨」と「墓」それぞれのメリット
「散骨」と「墓」それぞれのデメリット

遺骨を撒く前に知って欲しい海洋散骨のメリットとデメリット

未設定散骨に適した場所と適さない場所

海洋散骨をしても大丈夫な場所、適さない場所を知ることは、どこに散骨するするかを決めるのに重要なことです。
散骨をしても大丈夫な場所と適さない場所

費用についての基礎知識

海洋散骨で最低限必要なこと費用構成を知ることで、予算、誰とどの様なカタチで行うのかが等を計画出来ます。
散骨の費用についての基礎知識

海洋散骨に適した船とは

船は海洋散骨において、とても重要な要素になります。船やクルージングについて基本的なことをご案内します。
クルージングについての基礎知識

よくある質問

散骨クルーズでよくお問合せや相談がある質問を纏めました。日々、更新しておりますので、参考にされて下さい。
 
よくある質問
区切り線・ブルー

海洋散骨に関わる法律

散骨に関する法律はありません 

よく「法律的な問題はないのですか?」と聞かれますが、今現在、散骨(自然葬や海洋葬)に関する法律はありません。今日までに制定されている埋葬に関する法律「墓地、埋葬に関する法律」は、霊園や寺院の墓、納骨堂の納骨壇に埋葬・収蔵することについて国が定めたルールです。「墓地と定められた場所以外に勝手に埋葬・埋蔵してはいけません」ということです。そして、この法律においては「散骨」すなわち自然葬や海洋葬については触れていません。法律が制定された時代には想定していなかった葬送のカタチですから、一文にもありません。

埋葬に関する法律が分かるサイト

墓地、埋葬等に関する法律

散骨に関する情報が分かるサイト

Wikipedia
All about
海洋葬ネット

海洋散骨をする時の許可申請と届出

役所に届けする必要はありません 

墓や納骨堂に埋葬・埋蔵する場合と同様に、散骨することを役所に届出することはありません。現在、役所には遺骨を管理・管轄するところはないです。(国民の遺骨が今、どこにあるのかを管理するシステムはありません)。遺骨に関わる役所の手続きとして「改葬申請と許可」がありますが、遺骨の移動(引越し)で新たな墓や納骨堂に埋蔵する場合に必要な書類を作成してもらう手続きです。

所有者がいる場所に散骨する場合は必ず事前の許可が必要です

海以外の場所、例えば土地に散骨する場合、所有者や管理者の許可があれば良いかと思われますが、地域によっては「条例で出来ない場所」もあります。個人所有の土地で散骨を検討している場合は、近隣に住む方々の気持ちを十分に考え、事前に十分に検討することをお勧めします。

遺骨の関する「役所への届出」と「許可書」 :埋葬許可書

「埋葬許可書」は火葬後に発行される書類です。遺骨を墓や納骨堂に埋蔵・納骨する時に必ず提出します。「埋葬許可書」がないと、墓や納骨堂に埋葬・埋蔵が出来ませんので、無くさない様に大切に保管します。


散骨をする場合、基本的には必要ないのですが、運営業者によっては提出を指示される場合がありますので、事前に確認することをお勧めします。当社では埋葬許可書の提出は必要ありません。

遺骨の関する「役所への届出」と「許可書」 :改葬許可書

「改葬許可書」はお墓に埋蔵されていた遺骨を新しい墓に納骨する時に必要な書類です。墓から取り出した遺骨を散骨する場合は「改葬許可書」は必要ありません。尚、散骨業者によっては提出を義務付けている場合もあります。


霊園や寺院によっては、墓から遺骨を出す際に「改葬許可」をとって下さいと言われる場合があります。その場合は散骨であっても改葬許可申請をし、遺骨を取り出します。改葬許可申請書の改葬の目的欄には「海洋散骨」と書き、散骨を依頼する業者より受入書を発行してもらい、一緒に提出します。

遺骨を撒く前に知って欲しい海洋散骨のメリットとデメリット

海洋散骨にはメリットとデメリットがあります。
遺骨を全て撒いてしまってから後悔しても遺骨が戻りません。散骨については家族の中でも考えが違うこともあります。後悔をしないためにも、事前に十分に理解した上で実施されることをお勧めします。埋葬に関わる問題は、家族の絆や家族の在り方、宗教観なども関係し、後々にも続くことになります。散骨を「素晴らしい葬送にするためにも」また「後悔しないためにも」、メリットとデメリットのそれぞれをよく理解し、検討してから申込み頂くことをお勧めします。

散骨のメリット

  • 故人の思い入れのある場所に散骨することが出来る
  • 散骨は清々しく自然に葬ることが出来る
  • 継承者がいなくてもよい
  • 墓の様な負担を子供のかけなくて済む
  • 散骨は墓を購入するような高額な金額がかからない
  • 管理費などの経費が必要ない
  • 宗教や宗派にこだわらなくてよい
  • 組織などに入会する必要がない
  • 宗教的、儀式的ではない、家族らしい葬送が出来る
  • 都合に合わせた日程や方法でメモリアルクルーズが出来る
  • 彼岸などの仏事にお参りにいかなくてもよい
  • メモリアルクルーズや手元供養など、カタチにこだわらない供養が出来る

墓のメリット

  • 墓が心の拠り所となる場所で家族の絆が出来る
  • 寺墓地の場合、檀家になることで永年供養しもらえる
  • 葬儀、年忌法要、供養などの相談が出来るので安心
  • 改葬をすれば、遺骨の移動が出来る

散骨のデメリット

  • 手を合わせる明確な場所がない
  • 家族が一緒に永眠出来ない
  • 改葬・遺骨の移動が出来ない
  • 遺骨が無くなり心の拠り所がなく不安や寂しさを感じる

アドバイス

墓が無くても供養をすることは出来ます。例えば「散骨すると年忌法要が出来なくなりませんか?」と聞かれることがあります。位牌や写真でも構わないと思います。ご供養をしてあげたいと思う心が大切なことで、カタチにこだわる必要な本来ないと思います。また「どこで、いつ手を合わせればいいの?」と不安に感じる方もいらっしゃいますが、いつでも散骨した海の近くに行った時に手を合わせる、心で冥福祈れば良いのではないでしょうか?1周忌が命日などには、散骨した海の近くを散歩されたり、海を眺めながら家族皆で食事をされても良いかと思います。人それぞれに考えがありますが、供養とはカタチではなく、故人を大切に思う気持ちが大切で、皆それぞれに供養の仕方が違っても良いのではないでしょうか。

墓のデメリット

  • 個人墓の場合、建立に多額の費用がかかる
  • 管理費や塔婆代など継続的な負担がある
  • 墓参りを負担に感じる
  • 墓や墓周りの清掃・管理をしなければならない
  • 個人墓や家族墓は、墓の修理・敷地内の植木などメンテナンスが必要
  • 寺の場合、檀家になる事を強要されることがある
  • 住職の人柄や考え方が合わず負担を感じる
  • 引っ越しや転勤など、住所地が変わっても墓を動かすことが出来ない
  • 改葬や墓じまいにもお金がかかる
  • 墓があることで家族が同じ場所に納骨しなければならない

海洋散骨の守るべきルールとマナー

散骨をするべきではない場所や散骨の方法など基本的なルールがあります。散骨のルールは他人や周囲に迷惑をかけない事、自然に無害である様にする事などを根拠にしたものです。また、地域ごとに約束ごとなどがある場合もあります。また散骨をする時のマナーは、周囲に不愉快な感じを与えることなく、素晴らしい供養の時を送るために必要なことです。散骨クルーズでは以上のことをしっかり守り、ご家族や参加される皆様が「良かった」と思っていただける様に運営させて頂いております。

人の居ない沖の海
 

人がいるレジャーエリアでは散骨しない

散骨のルールとして、「海岸」や「桟橋」などの多くの人がいるような場所でするべきではありません。また海岸から程近い「遊泳場所」などのレジャースポットも散骨に適していません。他人が散骨し、遺骨を撒いている様子は良い気分ではありません。海岸近くなどで遊泳したり、サーフィンしたりしている人がいる場所に他人の遺骨が流れていたら、どの様に感じるかは誰でも十分に理解できます。マナーから見ても、人目がない場所、漁船がいない場所、海岸から一定の距離を離れた海上ですることが大切です。

散骨する場所を選ぶにあたり、全ての人が自然葬や海洋葬を良いと思っているわけではないことを十分理解することが大切です。十分に周りの人へ配慮して選びましょう。海洋葬は岸から数キロ以上離れた海上で実施しましょう。現在、散骨に関わる法律がないため、岸からの距離に決まりはありません。
粉骨にした遺骨
 

遺骨は必ず粉骨にして水溶紙袋で散骨する

遺骨は1㎜以下の粉末状にまで砕いた粉骨の状態で散骨しましょう。自然葬や海洋葬は遺骨を遺骨と分からない状態にすることがルールです。また遺骨は粉骨にすることで、自然に還りやすくなります。散骨クルーズでは、粉骨を水溶紙袋に納め、そのままの状態で海に撒いていただいております。パウダー状の粉骨は海上の風に煽られ舞い上がりますので、全ての遺骨を海に還る様に水溶紙袋のまま、海に散骨します。

花びら
 

自然や周囲の船に配慮して献花をする

散骨で海に献花や献酒をする場合、海を汚さないように配慮すること、また周囲の船に迷惑をかけることのない様にすることが大切です。献花は「茎を短くしたブーケ」や「花びら」などで出来るだけコンパクトな大きさにして海を汚さないように配慮しましょう。もちろん、花束の包装紙やリボンなどの付属品は必ず取り除き、お花だけを撒きます。献酒は中身だけ撒きましょう。缶や瓶ごと海に撒くのは止めましょう。食べ物などを一緒に撒きたい場合も、少しの量にしましょう。もちろん外箱やビニールは外して撒きましょう。

カジュアルな服装で散骨する家族
 

周囲に配慮して平服で行いましょう

散骨のマナーとして服装に十分に配慮しましょう。喪服は厳禁です。海やマリーナにはレジャーで遊びに来ている方々、近隣の人々が沢山います。喪服や喪服に準じたスタイルにより散骨をしていることが分かり、不愉快な気分にしてしまいます。
海洋葬や自然葬では、関係のない周囲の人々に悟られない様に実施することが大切ですので、必ず平服で参加頂くことをお願いしています。

散骨をしても大丈夫な場所と適さない場所

散骨して良いとされている場所はありません。「散骨をしても良い場所はどこですか」という質問をよくされます。現実的には適した場所、相応しい場所、大丈夫な場所を選んで散骨を実施する...というのが現状です。


散骨の基礎知識「法律」のところでも説明させて頂きました通り、今現在、散骨に関する法律はないので、決まった場所もありません。もちろん、何㎞沖、何マイル岸から離れた場所に散骨するという決まりごとも存在しないのです。但し、場所よっては散骨をしては行けない場所として条例がある場所は存在しますから、よく熟知している運営会社を利用して行うことがトラブルなく、素晴らしい葬送になるのではないでしょうか。

散骨に適した場所

マナーとルールから鑑みて散骨をしても周囲に迷惑をかけない場所と判断し、散骨クルーズでは下記の海域で実施しています。

  • 岸から一定距離離れた沖合
  • 周囲に人のいない場所
  • 漁船や釣り船などがいない場所
  • 条例が施行されてない場所
  • 主航路内

周囲への配慮とモラルを守り散骨することが大切です

散骨の法律や決まりごとがないのであれば「どこでも」「好き勝手」に撒いても良いとは思いません。自分の愛する人や家族の遺骨はかけがえのないものです。それは誰もが同じだと思います。でも他人の遺骨は如何でしょう。気持ちが悪かったり、不気味に感じる人もいるのではないでしょうか。遺骨とはその様なものなので、散骨する場所は周りに十分に配慮する必要があります。出来る限り関わりのない人達に気づかれることなく行うことが大切なことです。

散骨に適さない場所

マナーとルールに基づいた海洋散骨をすることが適さなく、周囲や関係者に迷惑をかけてしまうと考えられる場所です。

  • 海岸やその近く
  • 遊泳エリア内
  • レジャーボートなどが多く行き交う場所
  • 漁場・定置網のある場所とその近く
  • 船の往来を妨げる場所
  • マリーナ内
  • 桟橋とその近く
  • 遊覧船(チャーター船以外)

散骨する場所の選び方

散骨する海は「思いのある場所」や「家から近い海」など、選び方は様々あります。海洋散骨は墓と違い、改葬(遺骨を移す)ことが出来ません。家族皆で相談してどこが一番適しているのかを決めては如何でしょうか?

  • 故人が好きだった海
  • 故人の思い出がある海
  • 故郷の海
  • 仕事をしていた海
  • 海外に繋がる場所
  • 自宅に近い場所の海

散骨の費用についての基礎知識

散骨に関わるサービスの違いで費用が違います

海洋散骨の費用は下記の要件により大きく変わります

  • 船をチャーターするか否か
  • 参加人数
  • 必要なサービス

散骨クルーズではプランによりサービスが違います。
プランは大きく分けて「チャーターするプラン」「合同で乗船するプラン」「代理で散骨してもらうプラン」の3タイプあります。また、船をチャーターするプランにも「プライベート」や「フリー」「ペットと一緒に眠る」など3つのプランがございます。それぞれにサービスの内容が違いますので、希望や予算により選ぶことが出来ます。更に乗船人数により船が違い、チャーター料金も違います。


海洋散骨はプランや乗船人数により費用が違いますので、準備・計画する時に、「こだわりからプランを決める」「予算から考える」「散骨エリアやポイントから選ぶ」など、優先順位を決めてから進めては如何でしょうか。

海洋散骨をするために最低限必要なこと

「沖に出るための船」「遺骨の粉骨」ですが、「散骨した場所が分かる海図」もしくは「北緯東経」などが分かるものを残されることをお勧めします。

船
粉骨
海図

費用をしっかりと理解し希望の散骨にする

「どの様な海洋散骨にしたいのか」「誰が参加するのか」「どこに遺骨を撒くのか」「予算はいくらにするのか」など、準備を始める前にイメージし、家族で話し合っては如何でしょうか。散骨スタイルやこだわりポイントにより費用も随分違ってきます。

船をチャーターして散骨する

散骨の料金の中で船の費用の割合が多くを占めています。散骨クルーズにおいては船は全て客船をチャーター利用しているため、人数により船のチャーター料が変わります。また船が変わることもあります。チャーターの割増しによりプラン料金が変わります。

船をチャーターするメリット
希望の日程で散骨が出来る
家族だけで和やかに出来る

船をチャーターしないで散骨する

合同プラン、代理プランは船をチャーターしないで散骨が出来るプランです。これらのプランは何組かの家族でチャーター費用を分けて支払うシステムになっているため、リーズナブルな料金で散骨をすることが出来ます。尚、合同プランは乗船することが出来ます。

船をチャーターしないメリット
低コストで海洋葬が出来る

大人数で散骨する

散骨クルーズでは4名ごとに船のチャーター料金が変わります。また、乗船人数に合わせて大きな船にすることもあります。

船をチャーターしないで散骨する

少人数の場合は、プライベートプランやフリープランなどの他、合同プランも選べます。チャータープランでも乗船人数が少ない場合は、安価な料金で散骨が出来ます。また合同プランは3名まで参加頂けます。

沢山の花で華やかに送りたい

プライベートプランやペットと一緒に眠るプランでは、ブーケや花籠など、とても沢山の花々をご用意しております。案外と荷物になる花、また良好な状態で持参するのは大変ですが、それらの手間をかけず、華やかなに散骨することが出来ます。

花は要らない・花は自分で用意する

宗教的な考え、よりシンプルに遺骨だけを撒きたい等、花を必要としない場合はフリープランがお勧めです。フリープランには献花が含まれていないので、家族で花を用意し、持参頂くことも可能です。また合同プラン、代理プランでも献花を省くことが出来ますが、料金は変わりません。

散骨証明書やアルバムを残す

散骨したポイントだけではなく、証明書やアルバムが含まれるプラン

  • プライベートプラン
  • ペットと一緒に眠るプラン
  • 合同プラン ※アルバムは付きません

散骨ポイントが分かれば良い

散骨したポイントを示した海図だけのプラン

  • フリープラン

クルージングについての基礎知識

海洋散骨を安全に心地よく実施するための船の知識

海洋散骨をする時、船は重要なポイントです。
遺骨を撒く場所となる沖に行くためには船を利用しなければなりません。「船は大きさ」や「カタチ」そして何より「操縦する船長」により乗り心地や安全が違います。海洋散骨は故人様を送る大切なひと時です。参加される全ての皆様が気持ちよく、清々しく、そして後悔なく終われるか否かは船により差が出ます。

散骨をよく理解してる船長がいる船

散骨を計画する時に「安全」ということが見逃されてしまいがちですが、とても重要なことです。船は危険が伴う乗り物だということを事前に理解下さい。また、周辺海域や周囲とのトラブルを起こさないためにも散骨を十分に理解している船(船長)を選ぶことが重要です。

海域の地形や気候を知る船がお勧め

海には「危険な場所」「海域ごとのルール」などがあります。その海域において不定期航路の権利を持ち日常的に遊覧・運航している船は様々なことをよく理解していますので、とても安全に、安心して利用できます。また急な海上変化があった場合は迂回出来る航路も十分に理解していますので、様々な状況に対応出来ます。

心地よく乗船出来る船

船は必ず揺れる乗り物です。乗り心地のよい船を利用いただくと、散骨に参加された皆が「良い散骨になった」と感じてくれます。心地良いクルージングは船長の経験、考え方で大きく違います。操縦経験が長く、多くの実績がある船長は風を読み、航路を適切に選択し、風の抵抗を最低限に出来る様な操縦が出来ます。また天候の変化も敏感に判断し、柔軟な対応をして頂けます。

安定感のある形の船を選ぶ

船は形によって波や風の影響の受け方が違い、揺れの大きさも違ってきます。散骨をする時は船を止める、または低速の状態になります。船は止めたり、低速になると横に大きく揺れやすくなります。利用する船は出来る限り「大きく」「安定感のある形」の船を利用されることをお勧めします。

散骨クルーズの船

散骨する海域の遊覧客船を利用

散骨クルーズは安全を確保するために、5つの海それぞれのエリアで運営をしている旅客船と契約をしています。安全ではない場所、散骨に適さない場所などを理解していますので、お客様が希望される散骨ポイント周辺で最も最適な場所で実施出来る様に心がけています。またクルージングも心地よく出来る様、当社と船で十分に打合せし、当日を運営しています。

乗船人数に合った船をご用意します

揺れる船内では出来るだけ着席頂ける様な椅子やベンチが沢山ある船を利用しています。船は乗船出来る人数が決まっていますので、乗船人数に合わせて船を準備致します。1人~3人程度で散骨する時の小型船(8名乗りのクルーザー)、100名以上の大勢で散骨する時には大型パーティ船など、様々な船がご用意可能です。また、少人数でも大型船を希望される時は追加料金で対応致します。

サロンドカズ
ビックタック
シーフレンド
区切り線・ブルー
散骨クルーズ・必ずご覧下さい!散骨クルーズの海洋葬が分かります
よくある質問
利用ガイド